マンチカン専門ブリーダー

猫のダックスフントと呼ばれるマンチカン(Munchkin)は、1944年イギリスのジョーンズ博士によって、はじめて報告されたといわれています。突然変異でそのような姿になったとされていますが、第二次世界大戦頃には姿を消してしまいました。更に1953年になると、ロシアからも同じように足の短い猫の報告があり、1964年にはアメリカのニューヨークで、1970年にはニューイングランドでも短足猫の存在が報告されていました。
各地で報告された短足猫の変異は、1983年にトレーラーの下で暮らしていたブラックベリーと呼ばれる猫により、大きな一歩を踏み出すことになりました。ブラックベリーは妊娠していて、生まれた子猫の半分は短足猫でした。この短足の子猫のうちトゥールズと名付けられた男の子が繁殖家に引き取られ、短足猫の育種が始まりました。当初の交配相手は、短足猫以外の猫たちが使われ、近親交配による将来の遺伝子疾患のリスクを減らすため、異種交配が行われました。そしてこの短足の小さな猫たちは『オズの魔法使い』に登場する名前にちなんで、”マンチカン”と名付けられました。
育種されたマンチカンは、ニューヨークで開かれた1991年のキャットショーで初めて展示されることになりました。しかし、短足で小さなマンチカンの姿は、様々な立場からの論争を引き起こすことになりました。それは、遺伝子疾患や免疫力の弱さを懸念する人たちと、この猫の愛くるしい姿に魅了され、その健全性を信じる人たちです。両者のあいだで巻き起こった争いでした。この時のキャットショーと以降の評判では、結局は単なる突然変異と結論づけれました。のちに、この短足猫はアメリカの様々な場所で見つかり、彼らもまた育種のために使われるようになりました。
こうして近親交配のリスクが低下することで、猫の国際的な血統登録団体であるTICAは、1995年にスタンダードを作成し、新しい猫種として認定しました。


マンチカンの身体的特徴として、前後の足が多種と比べて短く、尾はまっすぐ。顔はくさび型でくるみ型の眼をしているのが一般的です。また、マンチカンには、短足だけでなく長足タイプも多く存在し、短足のマンチカンは、全体の2割程度とも言われています。短足タイプは、体長よりやや短めの長いしっぽを持ちます。足が短くても普段の生活には問題ありません。

体  重 男の子:3〜4kg     女の子:男のより小さめ
ジャンプ力 普通の猫とあまり変わらない
毛  色 カラー・模様・毛質 様々なバリエーション
性  格 遊びが大好きで、好奇心が旺盛。人懐っこくとても優しい、飼いやすいといわれている


マンチカンは小さいですが、足の長さにかかわらず、パワフルでスピードにあふれています。

 

マンチカンは小さいですが、足の長さにかかわらず、パワフルでスピードにあふれています。

食事について

食欲旺盛です。歯垢付着の予防の意味からドライフードが適しています。
缶詰はご褒美やお薬を投与する際が良いかと思います。

毛のお手入れ

ショート:週1回のブラッシング
ロング :週3〜4回のブラッシングかローミング

爪切り・爪とぎ

爪切り:月2回程度
爪とぎ:爪とぎはストレス発散にもなるので、爪とぎ専用の物が必要

シャンプー 月1回程度
トイレ 砂が良い
おもちゃ 必要です(猫じゃらしがスタンダードで喜ばない猫はいません)